すれ違うアムステルダム

アムステルダムで日本人とイタリア人がフラットシェアをする日常。

Divaなわんことの暮らしが終わった話について

住み込みでお世話をしていた、可愛い可愛いDivaなわんことの暮らしが終わり、再び我が家へ帰ってきた。

 

aoreamsterdam.hatenablog.com

日に日に心を開いてくださるようになったL美様。「ゴハンチョーダイヨ」以外にも、「アソンデチョーダイヨ」と普段おとなしいL美は私を呼ぶようになり、私が寝室へいる際には「ドコヘイッタノカナ」とシャカシャカ歩いて探しに来て、私の姿を見ると程よく距離を置いて同じ部屋のクッションの上に座っているなど。そばに来ようとする...コノヤロウ、可愛すぎるじゃありませんか。

f:id:aoreamsterdam:20170808023012j:plain
さあ、ゴハンをよこしなさいよ。

 

K氏はすでにメロメロ、我が子のように溺愛す。

f:id:aoreamsterdam:20170808023022j:plain

 

L美はこの「プブゥ〜」と鳴くネズミがお気に入りのおもちゃである。このwifiも届かないほど広いお家にフリーダムにぶん投げられているネズミ。むしろこのネズミも私よりもいい暮らしをしているかもしれない。

 

f:id:aoreamsterdam:20170808023004j:plain

 

f:id:aoreamsterdam:20170808023008j:plainエイ。届かない

約ひと月も共に過ごせば我が子も同然。今まで犬を飼ったことがない身としては、世間のSNSにアップされたワンコの日常など失礼ながら全然響かなかった。けど、今ならわかる。我が子は可愛い。

K氏、メロメロになった挙句にL美様を美容室に連れていくという太っ腹ぶり。というのも、お友達がなんと日本人トリマーさん。そんな素敵な方がアムステルダムにもいらっしゃるのです。ナオコちゃんです。

 

f:id:aoreamsterdam:20170808023953j:plain見よ、この恍惚の表情。

私は初めてトリミングサロンへ同行させてもらい、すっかりナオコちゃんの手腕のファンになってしまった。爪切りとシャンプー、ブラッシングをしてもらっている間、L美のなんと気持ち良さそうな顔。警戒心の強いL美がナオコちゃんに引き渡された瞬間、すでに心を開いている。私はゴハンを献上してからだったのに。生き生きしている可愛さに、ずっとカメラを構えて運動会を見守っている母のようにカウンターの中を見守っていた私。いいな、はるかに私たちよりもファビュラスなわんこである。


ナオコちゃんのいるトリミングサロンはこちら
Reino Canino Pets Salon

 

日に日に愛しさは募り、そろそろ心も通じ合ってきた頃。がとうとうお別れの時であった。次に会った時ははたして覚えてくれているだろうか。もうゴハンを献上する機会は当分先になること間違い無いので、次に遊びに行った時に歓迎されるようなら涙を流してしまうかもしれない。L美。

f:id:aoreamsterdam:20170808023029j:plain憎い上目遣い。


それにしても久しぶりの我が家は、ちまっと相変わらずアムステルダムにありがちな小ささで、住まわせていただいたお家のテラスほどの大きさであった。天井の高さも違うものだから、初めはあっれー、こんなはずだったかナ、なんて思いながらも2時間もすれば馴染んでいた。

f:id:aoreamsterdam:20170709070405j:plainあかん昭和の食堂。

身の丈には身の丈の家が落ち着く。いや今の身分ではここでも身の丈以上なんだけれど。そしてまだしばらく私とK氏はL美ロスが続いた。


ブログランキング・にほんブログ村へ
オランダ情報

© 2017 aore.amsterdam