すれ違うアムステルダム

アムステルダムで日本人とイタリア人がフラットシェアをする日常。

サラダ記念日を記念して。楽してオサレで美味しく食べたいんや。


この味がいいねと君が言ったから  7月6日はサラダ記念日 俵万智


現代短歌の先駆けでもある俵万智様。様付けで読んでしまうのは、幼き頃ファンだったから。物心ついた頃に再ブームが起こっていて、ちょっと文学に興味を持ち始め、恋を覚え始め、万葉集古今和歌集の現代語訳を読んでは1000年も前の人々も恋する心は今の人と同じじゃないか、と小学生ながらに感銘を覚えていただいぶ生意気な子どもだった。恋なんて、ハッハ、青い奴よのう...なんて今ならあの頃の自分に言ってやりたいくらいだが、まあスマホもネットもない時代には手紙という古典的な手法で好きな人と(こっそり)やりとりをするしかなかった。青いね。

f:id:aoreamsterdam:20170701223804j:plain青いね。


外れたことをしたくなる中学生期には、大嫌いな数学の勉強から逃げたくて、受験的には役に立たないような古語を極めたくなるおかしな方向へ走っていた。そして現代短歌の道へ足を踏み入れ、インターネット創世期・高専生の時に地元の歌人会へお誘いいただきちょびっと現代短歌をかじっていた。勉強にも仕事にも特に役に立ったと感じることは微塵もないけれど、良くも悪くも妄想力が豊かになったのは自信を持てるスキルかもしれない。

ちなみに俵万智様の歌で好きなのは

手紙には愛あふれたりその愛は消印の日のそのときの愛

いくら携帯のメールや、「あの時はすぎって言っでくれでいたじゃないっっ」て泣きながら過去にすがりついても、人の心は変わるのですよ、驚くほど短期間で。て今ならわかる、そんな気持ちは大人になったということなのでしょう。

四万十に光の粒をまきながら川面をなでる風の手のひら

は小学校の国語の教科書に載っていたもの。「うまいねぇ〜」と先生が唸っていたのを覚えていて、先生にすごいって思わせるのはこういう表現力を磨くべきなのか、と思っていたひねくれた子どもであった。今でもそらで言えるのはこの三首。ときどきサラダ記念日はいつだったけ、って忘れてしまうけれど。今になってハッシュタグtwitterでも語り継がれるほど愛されている俵万智様は本当にすごい方なのだなあ、と思うのです。



f:id:aoreamsterdam:20170706181617j:plain


さて前置きが大分長くなりましたが、敬愛する俵万智様のサラダ記念日を記念して、サラダでも。みんな、サラダ大好きだしTLにはサラダの写真が溢れに溢れているので、「超楽に、オサレに見えて、なおかつ美味しく」という自分の味方をしてくれているものたちを思い返す。どうせ食べるなら美味しく、でも楽したい。この「楽したい」っていうのは私の食生活的には超大事なことで、何も凝ったものを作らなくたって演出でなんとかなるのではないかと思っている。楽で美味しければ、いいじゃない。


1. 見栄えのする器を使う

2. 脇役を見逃すな

3. 液体を使え


というところ。見栄えのする器、というのは何もン万円するようなものはいらなくて。面が広い、とか余白を使える、とかいうもの。IKEAなんかでもいいのですが、アラビアなどの北欧名作食器以外は柄のないものが好き。可愛くてもキャラ物やおまけの余分な文字入りは避けたい。どうせ長く使うなら、€10や€20出してでも手元に揃えて損はないし、乗せるだけでそれっぽく見える超簡単手抜き法、さらにSNS映えができるというおまけ付き。という言い訳をしては、欲しい器を買う言い訳にしているんですが。お金があるならTIME&STYLEさんの器が欲しい。グラスも欲しい。欲しい。何回も言える、欲しい。

そして脇役、なんて言わせない、黒幕たちをちやほやする。トッピング類は保存が効くうえ、それっぽく、簡単に魔法がかけられるものたち。異なる歯ごたえは味を美味しく感じさせるいう効果もあり、めんどくさい時にもいつもお世話になっています。ぱらっと、かけるだけ。

f:id:aoreamsterdam:20170706181651j:plain


instagramの、いわゆる「オサレデリ写真」でたまに、テーブルにドーナツやらケーキやら食べ物やらを置いて、芸術家よろしく粉をかけたりナッツを散ばしたり、ディル?などのハーブを撒き散らしたりオイルをでれっとかけたりしているのを見かけますが、あれ食べる時にどうしているんですかね。拾うのかな?写真用だとわかっているし、オサレに見えるけれど、大変。我が家でそんなことをしたら、E氏やK氏に「カオリは頭がおかしくなったのかな?」と思われてしまうこと請け合い。でも、まあオリーブオイルやタレは、お皿の上ならいいんでないか。

f:id:aoreamsterdam:20170706174055j:plain

こんな風にコーヒーを飲んでいてごらんよ。



オイル、タレ、ペーストなどはツヤが出たり、「美味しそう」に見えるので、もれなく採用。#卵黄決壊  に代表されるように、卵黄も液体とみなす。

f:id:aoreamsterdam:20170706181824j:plainオイルと胡椒にだまされてはいけない。ただのカニカマやで。

もこみち様まではいかなくとも、オリーブオイルと塩、黒胡椒ってやつは写真映えするしとりあえずそれっぽく見えて、うらましいほど存在がお得。オランダは野菜も美味しいし、素材にかけるだけで立派なサラダっぽくなる。一応インテリアデザイナーのはしくれとヘアスタイリストが住んでいる家、おしゃれを提供する仕事である身がおしゃれを知らないと仕事が無くなるかもしれないので、日常の幸福感を「楽に」「楽しく」する演出は試行錯誤しております。誰でも、暮らしは楽しくできる。長くなったので続く。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
オランダ情報

© 2017 aore.amsterdam