すれ違うアムステルダム

アムステルダムで日本人とイタリア人がフラットシェアをする日常。

日本人の血が騒ぐ。ソウルフードのラーメン対決

初めてヨーロッパに住んだ時に驚いたことは、すぐに人参が腐ったことであった。かつて日本で一人暮らしをしていた際には、人参といえば長持ち野菜の象徴(※自分比)であり、なおかつ使いきれない野菜(※自分比)のひとつでもあった。美味しいし、どちらかといえば大好き。だけど固いのが難点、切ったりスライスをするのが面倒だったというものぐささに起因するほったらかされ様だった。常温だろうが冷蔵だろうが2週間はビクともせずに姿そのままで生存していたので、エマージェンシー食料としてキッチン付近のどこかにはあった記憶がある。今思い起こせば日本の人参はとても立派で大きく、ひとつひとつの存在が自分にとっては大きかった、というのもあるのだけれど。だからお腹が空いた時はそこらへんの動物よろしく、適当に切ってそのまま齧っていた。それくらい好きだ。

f:id:aoreamsterdam:20170811061407j:plainあの頃はお腹が空いたら人参を食べていた。


しかしヨーロッパの人参はひとあじ違う。形も不揃いで、マッ○スバ○ユにあるような立派なお嬢様人参は見かけない。細さが時にはラッキーなくらい程よく、しかも生で齧った時にはその甘さに驚いた。美味し...い...!

ひとつ衝撃的に違うのは、数日でみるみる腐っていくことである。自分の中の記憶では、人参ほど長持ちする野菜はなかなかだったのにな、と思っていた。大抵袋入りなので、なかなか使い切ることができない。これはもしや、とはっとする。もしやこれが普通の状態?

何も薬まみれじゃなく、ナチュラルな状態。知らなかっただけで実はスーパーの野菜、なにか魔法がかけられていたのだろう。(断定できないのでオブラートに包んでおく)自然で、健康的。これが本来あるべき姿、ヨーロッパの素材は自然志向で健康!と(自分で勝手に)感動していた。

f:id:aoreamsterdam:20170709061153j:plain健康、やっほーぅ

そして私は、せっせと人参をきんぴらやら、しりしりやら、ラペやら、漬物やら、サラダの彩やらと人参の魔術師であるよと名乗りたいくらいきちんと日々の食卓に大活躍をさせられるように成長した。もう腐らせるとは言わせないよ。

良い素材を使い、バランスの良い食事を摂る。チーズも野菜もたまにお肉も、なんて以前と比べると健康的になったのだろう、と思う日々だ。

だけど時々襲ってくる悪魔の囁き。

f:id:aoreamsterdam:20170811063913j:plain食べちまえよ。

 

その名はジャンクフードである。不健康なものほど、美味しいものはないんだ...!

 

ということでALDIで投げ売りされていた、我が日本人のソウルフードとも言える日清食品カップヌードルである。普段は€1.6ほどもする、一食ぶんの食卓的にはややVIPな価格。日頃の家計簿的には、ごく普通に野菜や素材を購入し、それなりに調理をすればコメ、汁物、メイン、副菜2つくらいを食べながら軽く€1.5/人で済んでいるので、いわゆる超不健康怠惰な上に高級品というちょっと不良感そそられる食べ物である。

でも、「あの味」が食べたいんや...!


f:id:aoreamsterdam:20170811072550j:plain牛の眼差し。


ということで投げ売りされていた€0.89のカップヌードルはカゴへそろっと入れて来ていた。ビーフとトマトだったかしかなかったが、「あの味」に近いのは動物味に違いない。でもこういうのは「なんか違う」が鉄板だ。でも、「あの味」に遠からずの味ではあるだろう。天下の日清食品の名を名乗っているんやで。ということで選んだもの。英語以外の3ヶ国語で「牛の味」と書かれているうえに、牛らしき動物がなんだか挑発するような微笑みでこちらを見ている。

もしもご飯を作る気がなくなって、おそらく真夜中に食べたくなった時のためですからね。と(勝手に食べられないように)K氏には再々釘を刺す

そして先日とうとうジャンクな味を求める時がやってきた。
なんか違う、のはわかっている。けど期待半分、で、ちょっとワクワクしながらお湯を注いだ。

f:id:aoreamsterdam:20170811072632j:plain


匂いは半分怪しく、半分それっぽい。
中身は少し少ないような気もするし、でもしばらく本物を見ていないので忘れてしまった。いわゆる「謎肉」と呼ばれるダイスミンチの姿はなく、牛の味を構成している牛っぽい肉がちらちらと見える。そしてグリーンピース。これは本家では見かけない新入りの顔だ。

f:id:aoreamsterdam:20170811072705j:plain見た目は見慣れたあの感じ。



いよいよ実食の時。麺は国外仕様だとわかるように、短かった。なるほど、フォークで食べる人用に、と聞いたことがある情報はそのままだった。

f:id:aoreamsterdam:20170811072740j:plain麺、短し。

念願の、その味は。


f:id:aoreamsterdam:20170701223804j:plainまー、そんなもんだよナ

非常に惜しい。求めていた「あの味」に、近づいてはいたけれど。感想的には牛風味が強くて、やっぱりなんか、違う。というちょっと消化不良の気分であった。うーん。まあ経験的にはいいかな。ちなみによくAsian marketで手に入る「合味道」というものは日本のシーフードヌードル、まさに「その味」だった記憶がある。馴染みのある「あの味」。たまの贅沢の、癒しである。ソウルフードとはまさに。

しかし半分わかっていたけどあの牛味はだめだった。おそらくもう二度と手を出さないかもしれないが、エビ味とか他の味があったら誘惑に負けない自信はないかもしれない。けど、まあ価格によるかな。あの挑発したような牛の微笑みは今、勝ち誇ったようにこちらを見ている。

f:id:aoreamsterdam:20170811072550j:plainあの牛の勝ち誇った顔をもう一度ご覧ください。


でもジャンクというか、麺欲というか、いろいろと欲望を絞っていった結果「ラーメン欲」はどうしても復習したかったのでやはり自作することに。最後に信じられるのは、信じられる味を自分で作るしかない。

そして出来上がった自家製ラーメン。ミーヌードルを使い、先日E氏に処分され、K氏がぷりぷり怒っていた

 

aoreamsterdam.hatenablog.com

 

豚のスープベースは再び茹でられた。そして冷蔵庫に余っていた野菜とひき肉をトッピングした醤油ラーメンの完成である。

f:id:aoreamsterdam:20170811072939j:plain


そして、温泉卵を#卵黄決壊...!

f:id:aoreamsterdam:20170811073041j:plain


たっぷりとラーメン欲がとりあえず満たされ、心に平穏が訪れた。でも、「あの味」のジャンク欲は未だに満たされないまま消化不良である。

悔しいままの気持ちだが、こちらのラーメンレシピはまたそのうちにでも。

ブログランキング・にほんブログ村へ
オランダ情報



昭和の食堂を改装せよ。ビフォーアフター in アムステルダム #2 トイレ編

ちょっといろいろあかん「昭和の食堂」だった我が家。かつて水漏れ?があったらしく天井や壁にシミもあるし、ブラインドは壊れているわ、ドレープやカーテンフックなどない、「布」がぶら下がっているだけの重苦しいカーテンはついているわ、写真だけでは伝わらない細かな気になるところがもりだくさん。だし収納もない。何十苦?

しみじみ冷静になって見てみると「ここにお客さんを呼ぶのはちょっとこれはまずいぞ」ということで正式に私の元へお仕事が依頼されたのであった。一応本業は炎のインテリアデザイナー。実はこれまで100棟以上の家や店舗を建てたりリノベーションしてきました。ただの食いしん坊じゃないんやで。

 

f:id:aoreamsterdam:20170809053017j:plain
上階の水漏れ???ひどいシミ。


クライアントは出張美容師のK氏。「昭和の食堂自宅をヘアサロンに」という要望にお応えすべくいろいろとDIYやインテリアコーディネートをしていく話である。

 

aoreamsterdam.hatenablog.com

 

f:id:aoreamsterdam:20170709070139j:plain

 

現状のツッコミどころが満載だったので、どこから手をつけて良いか悩む。まず手っ取り早く手をつけられるところから。まずトイレがあかん。飲食店やカフェ、サロンなどの心地よさの基準になるのはまずトイレ。これは鉄板である。いくら店内がオサレだからといって、トイレが公衆的でキタナかったりダサかったりしたら、お店の評判もがくっと下がる。ので「生理的に嫌」という最低限のレベルは回避せねばいけない。ヘアサロンやカフェ、女性が多く訪れる場所ではこれは店舗デザインの絶対条件。そして絶対に守るべきは「清潔感」。

f:id:aoreamsterdam:20170809054711j:plain


あああおやめくだされ、と思う清潔感のへったくれもない殺風景なトイレ。壁掛け洗面ボウルにシャワーブース、トイレが約2畳弱の空間に収まっている。そしてどうしたのかナ?と思うような手作り感溢れるファンシーな目隠しカーテン的布がぶら下がっている。これも前の住人が残していったものだ。残念ながら広さはどうすることもできないので、できる範囲でなんとかしましょう。

K氏の好みやスタイルを見ていると、なんとなくお部屋のイメージは湧いてくるもの。だがトイレは私も譲りたくなかったイメージがある。

f:id:aoreamsterdam:20170809055811j:plain

 

黒が効いたイメージ。と長方形のタイルを馬目地(目地をずらして貼る)にしている雰囲気。床のタイルはヘキサゴン...などもりもりと理想をあげればきりがないけれど、ロンドンやNYのホテルのようなかっこいい雰囲気になれば最高である。

 

f:id:aoreamsterdam:20170809055148j:plain

 

f:id:aoreamsterdam:20170809055428j:plain

 

ベージュが入ってもかっこいい。ベージュ×ブラックのちょっと大人な雰囲気の組み合わせは、個人的に注目している組み合わせのひとつ。

f:id:aoreamsterdam:20170809060514j:plain

壁を黒くペイントするのもやってみたい...と思っていた。腰から下がホワイトなので、「高級感ドーン」にもなりにくいし、暗くもならない。この逆のカラーコーディネートは簡単にできるけど雰囲気は上級テクニック。

 

しかし我が家のバスルームは

 

f:id:aoreamsterdam:20170809054711j:plain
……。

悲しいことにこの状態。タイルは正方形で目地も汚れがあり、天井まで仕上げられているために塗る壁もない。タイルを上から貼るのは下地処理も含めて気が遠くなるし、
はつり機で全部剥がすなんてもっての外。諦めなければいけない現実も、ある。



f:id:aoreamsterdam:20170809072215j:plain

あー。悲しい。

 

なのでとりあえずターゲットは便座。この「便座が変えられる」というのはとっても個人的にワクワクする行為である。ホームセンターへ行かれた方はご存知かもしれないが、ヨーロッパのトイレの便座コーナーは、ファッション感覚でトイレの便座を変えられるそれはそれはパラダイス的なコーナーだ。

というのも日本のトイレはといえば、

f:id:aoreamsterdam:20170809065255p:plain

日本のトイレ。

日本のトイレは世界一!おしりが暖かいのよ!おしりを洗ってくれるのよ!!とハリウッドセレブが購入していかれるという「温水暖房便座」が一般的な普及をしているだけあって、トイレのシートは簡単には変えられない。し色のバリエーションはほぼない。

「ほぼ」というのは、

f:id:aoreamsterdam:20170809065912j:plain

だっsa........

 

この程度である。ほんのりパステルカラー。トイレを作っている某ブランドが、陶器に色をつけられる程度。で温水暖房便座も同じパステルカラーのバリエーションしかない。でもこのパステルカラーというのも、製造年のロットで色が微妙に違ったり、微妙に数年ごとに色の改定がされているので「よしちょっとうちもそろそろリフォームしよっかな」という時、絶妙なトイレの色を選んでいたが最後。その頃には同じ色が手に入らないために便座と色が合わなくてなんだかおかしい色の差が生まれ、超残念なダサい空間が出来上がる。陶器側自体はそう弱いものではないので、リフォームの際は圧倒的にコストも安く済む便座を交換する程度で済ませるケースが多い。

ほんのりピンクに真っ白な便座だけとか、リフォーム会社が中途半端に「そろそろウ○シュ○ットつけませんかー」なんて営業をかけ、賃貸アパートのオーナーやお役所なんかに「おしゃれなブルーにしませんかー」なんて適当な提案をすると、とってつけたようなベージュにパステルブルーのトイレなどが完成し「リフォームして快適になりました(キラキラ)」という悲しい施工実例をあげていたりする。空間をトータルで提案してこそデザイナーじゃないかって異を唱えたい。

例外的にカラーのあるトイレもあるが、レゴのような赤・黄・青カラーとか、

f:id:aoreamsterdam:20170809072302p:plain

 

黒いしかっこいいけどトイレに50万円とか

f:id:aoreamsterdam:20170809072429j:plain


こんな純金のトイレとかが出てきたりすると、世界一の方角が斜め上を行き過ぎて、行く末大丈夫かな?とかなり不安になる。トイレ業界、大丈夫?

さらにトイレの話を突き進めてしまうと、昨年とある調べごとをしていた際に、とうとうトイレがスマート化し、スマホと連動したり、スマホでその日の排便具合の観察日記をつけられるという、どこに向かってるんだろうという驚きのトイレまで登場していた。ニーズ、あるんだろうか。

健康状態とか、チェックするのって大事だと思うけれど。でも私だったら......スマホでウ○シュ○ットの水流を操作してたりとか、スマホでトイレ日記つけるとか、スマホでトイレを使いこなしているような男性とは絶対結婚したくないと思ってしまった。大体リモコン、手の届くところにつけるし。わざわざスマホ使わなくても。


ただでさえピヨピヨ鳥の声がしたり、清らかな音楽が流れたり、ぼうっと幻想的に光ったりとかちょっとやりすぎな機能があるよなァと思っていたけど、そんなにいらないんじゃないかな、というのが個人的な感想である...


f:id:aoreamsterdam:20170701223804j:plainいいよ普通で。
ちなみに勝手に流れる機能で育つと、よそで流すの忘れたりする人間に育つから気をつけて。


思わず大きく外れてしまったトイレ論。
いろんなお客様と打ち合わせして生の声を聞きましたが、求められているのはシンプルなファッション性でしたよ、とトイレ開発業界のみなさまへお願いしておきます。
P社くらいの黒やウッドカラーとかがあると、いいですね。
あとL社で期間限定だった、タンクレスの黒いトイレも好評でした。

なので、好きな素材や色で気軽に模様替えできるヨーロッパのトイレは画期的。日本のおしゃれカフェやサロンの店舗デザインで、温水暖房なんていらんからわざわざ輸入してでもつけたいという要望もあったほどだ。木のトイレットシートは味わいもあるし、トイレの空間演出もしやすい。樹脂で貝殻や砂が入ったものとかも、マリンテイストのインテリアに。白い便器はぱきっとした色も似合うし、大体どんなデザインとも合うのだ。もちろん、メカニカルな日本のトイレ、もうおしりをあらってくれないトイレなんて考えられないっていう方もいる。好みはそれぞれだけど、鳥が鳴いてくれないなんて考えられない、っていう人には出会ったことがない。



で  結局どうなったかというと、

f:id:aoreamsterdam:20170809074210j:plain


こうなりました。木目の黒。これだけでもだいぶ違う。
あと汚いゴミ箱を捨てました。


f:id:aoreamsterdam:20170809074603j:plain

 

あとは窓が幸い大きいので、窓枠を塗ったり、天井なら塗ってもいいかなぁなんて思ったりする。でも床のタイルも変えられないのでとりあえず。理想の3/100くらいには近づいたかな。

こんなかっこいいバスルームにも憧れるけれど、持ち家じゃないしどこまで手をかけるかは絶妙な境界になる。
無駄に長くなってしまったトイレ熱。なのでまた続く。

最後にひとつ、日本でトイレを選ぶなら、ピュアホワイトか、オフホワイトにしておくとあとで後悔しにくくなりますよとお伝えしたいことです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
オランダ情報



K氏の策略により文化の違いが露呈した話について #2 (疲れます)

K氏に乗せられた私の「家出事件」について。

aoreamsterdam.hatenablog.com

 

まいっか、ということでそのまま家出したことになっていた。丸くおさまるならば。
まあしかし、そう簡単には収まらない。だって文化が違うのだから。(自分に言い聞かせる。ように)

 

f:id:aoreamsterdam:20170808033154j:plain

 

言い分:

「guys、俺ははっきり言いたい。我々は(お互いが)よく思ってないことに対してコミュニケーションが必要だ。
そうしないと誤解につながってしまう。例えば、俺は2本のタバコを窓から吸うという愚かなことをした。けど正直、知らなかったんだ。そんなに(タバコの)の臭いがして、それが悪いってこと。」

 

f:id:aoreamsterdam:20170808034118j:plain

あ?



f:id:aoreamsterdam:20170808034247j:plain

 

言い分:

「だけどさ、俺(タバコに関して)(君たちの)苦情を聞いたことないよ。一緒に住んでんだからさ、みんな同じ権利、あるよ。なんか気に入らないことあったらさ、フレンドリーに解決しようよ。議論とか必要ないからさ。」

 

K氏「タバコ2本?どういう意味?」

 

E氏「あー2本だったか、3本か4本か忘れたけど。そんなにたくさんは吸ってない。」

 

f:id:aoreamsterdam:20170808034118j:plain

フーン。

 

早朝から夜中にかけてずーっとタバコとお香の入り混じった臭いが家の中に充満していて、2本だけなはずがあるかしら。まっいいけど...
K氏も若干イライラしている。

 

私の気持ち的には、毎回何か吸った後に「ごめん、超ごめん。もうしないから。臭いしただろ、知ってるんだ。俺、もうタバコやめるから」

というメッセージが(頼んでないけど)毎回毎回来るわけだし、死ぬんじゃないかという形相の当事者に小言を言いたくない。

いや、でもさ、超落ち込んでるのをタバコで埋めようとしてる最中に、「やめてよっ!!」なんて言えないよ。さらに追い討ちをかけてるみたいじゃないか...あなたは毎回私たちに自分から謝って来るし、やめようとトライしようとしてるの知ってるし。

 

ということを伝えた。

 

すると

言い分:イヤイヤーそんなことないってば。なんか気に入らなかったらその時言ってよ。さもないと俺にとってAll OK!ってことになるから。問題はそれだよね。

 

f:id:aoreamsterdam:20170712031104j:plain

エッ?

 

今まで散々自分から謝ってきたのはなんだったんだろう。私たちに悪いと思っていたから謝ったり、もうしないからって言ってきたんじゃなかったんだろうか。ここにきてまさかの大逆転。問題は「やめてほしい」って伝えなかった私たち。なんだって。そうか。私たちが、悪いんだな。そうか。

 

f:id:aoreamsterdam:20170808040708j:plain

 

さらに。
「いやー、俺たち分かりあうのに長い時間がかかったね。正直俺、悪いことしたって思ってないけどさ、ノンスモーカーが家にいるとき部屋でタバコ吸うのはよくないって思ってる。だけど問題はさ、タバコがどうカオリに悪いことなのか俺が知らなかったってことだよね。You understand?

 

f:id:aoreamsterdam:20170701211459j:plain

はぁ?

 

って言いたい気持ちを必死に押し殺す。まてまて。

 

言い分:

でもさ、その問題は超簡単なコミュニケーションで解決するよ!カオリ、不満とか言うのが難しいんだよね。でも、それはアグレッシブにもエラそうにも言う必要はないんだよ。例えばね、「エンリコ、私はノンスモーカーなの。私はタバコの臭いを家の中で感じたくないんだけど、私たちにとって何かうまくいく解決策を話し合わない?」とか。超簡単だよ、怯えること、ないよ!大丈夫!

 

f:id:aoreamsterdam:20170712031104j:plainエー! 



ここにきて、謎の超ポジティブな解釈をし、問題は私にあると言うことが決定づけられる。そしてなんかお互いにいい方向を話し合わない?ってこう言えというレクチャー付き。今までの、「臭い出してごめん。超タバコやめようって努力する。臭いすごいしてただろ、悪かった。」って謝ってきたの、ほんとなんだったんだろう。

 

ていうか、自分で言うなら吸わなきゃいい話じゃないんだろうか

いつのまにか問題がすり替わっている上に、自分は悪くないし、私たちが何も言わなかったからタバコ嫌だって、全然知らなかったんだーとまで言っている。善意を仇で返されるとはこのことね。

 

という一連のことがわかったので、これからはきちんと「ちょっと悪いな」とか「言いすぎたかな」とかいうフォローするの、もうやめよ。日本的な奥ゆかしさとか、ポジティブな解釈をする文化では、伝わらないのだ。
「言ってくれなきゃわからない」っていう、典型的な、やつね。

言い訳を聞くのもだんだん面倒くさくなってきたので、ハイハイと流しておくことにした。自分で「俺のせいでもしかしてカオリは家出したのか!?」と言い出していたのに、思いの外疲れる結果に。でもそして最終的には「もう吸わないから。約束する。じゃっこの話、クローズね!」っていう始末。疲れたなァ。


f:id:aoreamsterdam:20170808043221j:plain

 

そして数日後、俺、掃除しといたから!っていうアピールのメッセージ。頼んでないけど、親切ね。そして掃除は私が毎日やってるわ。

まるで「僕、宿題もうしたよ!掃除もしたよ!すごいでしょ、ほめてほめてっ」っていう子どもみたいだな。33歳2児の立派な父親のはずなんだけど。

 

そして平穏が訪れるはずだった。


f:id:aoreamsterdam:20170808043429j:plain

 

寝静まった夜中の1時、「俺階段下(外)でしかタバコ吸わないよ。約束したから」という突然の宣言メッセージ。当たり前だろ。自分で言ったんだからなァ。

 

f:id:aoreamsterdam:20170701223804j:plainんー疲れたね。


という解決したんだか、していないんだかわからないけれどまあ様子見をすることになっている。その後も、K氏のビールを勝手に飲み、もっと安い銘柄のものを返す、とかいう行動をしてK氏の怒りをかっていたり。平和じゃないけど、「ちゃんと言って」っていうことがわかったので、遠慮なく言わせてもらうと言うことで一応の解決はしている。まあこういうパターンもある、という非常に勉強になった異文化交流もある。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
オランダ情報

© 2017 aore.amsterdam